• 「京成大久保駅」
    徒歩30秒
  • 047-471-1212
  • 047-471-1213(予約)

リハビリテーション科

リハビリテーションとは

リハビリテーション科画像

リハビリテーション(リハビリ)は、何かしらの原因で引き起った心身の機能低下を回復させるための過程を著します。

整形外科におけるリハビリでは、病気やケガ、老化、スポーツ外傷・障害、手術などで生じた運動器の機能低下を理学療法によって回復させます。
日常生活やスポーツ復帰、早期の社会復帰を、個々の症状やレベルに応じてお助けしたいと思います。

理学療法について

当院では、国家資格を有する理学療法士(Physical Therapist: PT)が、医師の指示のもと患者さんの症状や状態を見極めて、適切な運動器リハビリテーション(理学療法)を施します。
PTによる詳細な問診や評価を行って作成されたプログラムに拠り、各自に合った運動療法や物理療法を組み合わせてリハビリを行います。機能回復を図る過程で、医師が定期的に診察し、現状の評価や今後の見通しについてもチェックいたします。

運動療法とは、主に運動によって身体機能や運動機能の改善・維持を図る治療法です。患者様ご自身の自然治癒力を増進させるのが目的です。具体的な内容としては、関節可動域訓練、筋力増強訓練、持久力訓練、運動協調性訓練、歩行訓練などを行い、痛みや可動域制限、筋力低下、筋機能低下、バランス低下などを防ぐようにします。

物理療法は、物理的エネルギーを利用する治療法になります。温熱・電気・水など物理的な作用を加えることで身体の治療を行います。これらの刺激により、それに対する生体反応を利用して機能の改善を目指していきます。

治療内容は様々ですが、お湯につけて熱くなったパックを患部に当てて血流をよくする温熱療法(ホットパック)、体のある部分に引く力を加えることで関節変形、拘縮(関節の動く範囲が狭くなった状態)などに対する治療を行う牽引(けん引)療法、電気の刺激で治療する干渉波療法(患部に電流を流す治療)などがあります。これらの効果は、いずれも運動療法のサポートにもなります。

当院では、最新の物理療法機器(ホットパック、多機能干渉波装置、全自動頸椎腰椎けん引器、スリング付きマッサージベッドなど)を用意し、様々な症状に対応いたします。

リハビリの対象となる主な症状

  • 首や肩が痛い
  • 腕が上がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • けがで体がよく動かない
  • 体を動かすと痛みがはしる
  • スポーツ活動に早く復帰したい
  • 手術後のリハビリテーション など

なお上記のリハビリ以外にも、当院では患者様の状態に合わせた「自主トレーニング法」や「日常生活上の注意点」などについても丁寧にアドバイスいたします。

院長
北原聡太
診療内容
整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・小児整形外科
最寄駅
  • 京成本線「京成大久保駅」徒歩30秒
住所
〒275-0012
千葉県習志野市本大久保3-9-24
電話番号
047-471-1212
予約電話
047-471-1213 (予約)
診療時間 日祝
9:30~12:30
15:00~18:00
18:30~19:30

休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日
※新患受付は19時までです

予約電話 WEB予約
このページの上へ